沿革

1939年12月
通信機用変圧器の製造販売を目的として東京都台東区下谷に日本変圧器工業株式会社を設立
1945年10月
商号を三立電機株式会社と改称
1947年3月
逓信省資材局の認定に合格し、逓信省の中継線輪指定メーカーとなる
1956年4月
日本電信電話公社の第1号機にクロスバ交換機用各種線輪が採用
1963年12月
プラスチック偏光板を開発
1970年11月
埼玉県川越市に川越工場を建設、クロスバー交換機用各種線輪の生産工場として操業開始
1976年10月
電力会社向け遠方監視制御装置用スイッチングレギュレータ方式電源装置の製造開始
1983年12月
日本電信電話公社の指示、指導により、遠隔制御サービスオーダー装置を開発
1985年6月
日本電信電話株式会社と共同開発により、ノイズフィルタ及びノイズプロテクトトランスを開発
1988年1月
日本電信電話株式会社、株式会社大興電機製作所と共同で遠隔利用停止装置の開発開始
1989年10月
商号を株式会社サンリッツと改称、東京都板橋区成増に本社ビル完成
1990年5月
6号形遠隔切り分け機能付保安ユニットの開発・納入開始
1990年10月
移動体通信基地局用機器の製造開始
1996年9月
16Hz信号電源ユニットの開発、交換4社へ量産開始
1996年11月
移動体基地局アンテナ用、チルト角制御装置の開発、量産開始
1997年5月
「ISO9001」認証取得
1997年8月
東日本電信電話株式会社品質「NQAS」適用
2000年4月
「ISO14001」認証取得
2002年12月
7号形遠隔切り分け機能付保安ユニットの納入開始
2006年12月
移動体基地局アンテナ用光張り出し制御装置の開発、量産開始
2007年7月
富士通株式会社殿より含有規制化学物質管理に関する「適合確認通知」を入手
2009年2月
集合住宅用DSLフィルターの開発、量産開始
2009年5月
株式会社サンリッツより新設分割にて株式会社サンリッツエレクトロニクスの設立
2012年4月
株式会社サンリッツより資本分離にて独立